« 広重・目黒 爺々が茶屋 | トップページ | 戦中楽あり! »

2008年10月26日 (日)

モネの機関車

1872 1872年にモネの描いた『アルジャントゥイユ駅』というタイトルの絵は、モネにもこんなモチーフがあったのか!と思わせるほど力強い駅の風景です。

まるで朝の始発を待つような時間帯を思わせる色のトーンが見事で、ややもすれば、重厚感に溢れてしまいがちなハードな世界を、モネらしくソフトな印象に昇華しています。ドイツのプロレタリア・アーティストが好みそうな舞台を、筆勢も大胆に表していますが、ここもモネらしい色のコントラストで柔らかく抑えています。

汽車の煙と雲との混ざり具合にも独特の構成力を感じますし、よくもこれだけの平凡な舞台を自分なりにドラマティックに、ソフトに表現したものであります。

|

« 広重・目黒 爺々が茶屋 | トップページ | 戦中楽あり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6199648

この記事へのトラックバック一覧です: モネの機関車:

« 広重・目黒 爺々が茶屋 | トップページ | 戦中楽あり! »