« エッセィの宝庫・アルプ 特集 串田孫一 | トップページ | 珈琲も民芸のこころだ! »

2008年11月 1日 (土)

エドワード・ホッパー、岩と車 1927

Ed6 都会の孤独感というか、所詮人間はたった独りでしかないのだ・・・というテーマを追い続けていたエドワード・ホッパーは、明るい海岸に沿った岩を描いてみても、そのシルエットで表わした車によって、又、孤独なメッセージが頭を持ち上げます。

1927年(昭和2年) http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1927.html の作品でありますが、もう既に大恐慌の予感さえ察知していたような不気味な気配さえ感じてしまいます。それは妙な流れの雲のカタチのせいかも知れません。

それでもこの車のカタチとなると映画『俺たちには明日はない』で流れていたブルーグラスの名曲・Foggy Mountain Breakdown  http://jp.youtube.com/watch?v=icMTVV5Lwaw  が浮んできてしまいます。草原を疾走するシーンでのこのタイプの車は、大衆化しだしたアメリカの自動車産業の黎明期の象徴でもあったようですし、今も根強いマニアの皆さんがいらっしゃるようです。Rimg6616

|

« エッセィの宝庫・アルプ 特集 串田孫一 | トップページ | 珈琲も民芸のこころだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/10345083

この記事へのトラックバック一覧です: エドワード・ホッパー、岩と車 1927:

« エッセィの宝庫・アルプ 特集 串田孫一 | トップページ | 珈琲も民芸のこころだ! »