« 原宿の店 | トップページ | ひたすらモダニズムの追求。 »

2008年11月16日 (日)

世田谷の切通し

Rimg6816_3 Rimg6820 世田谷の上野毛から目黒通りに抜ける「上野毛通り」は、渋滞時の抜け道としても有名です。一昔前まではこの通りから長閑な田園風景というか畑が其処彼処にあって、世田谷の中でも、ほのぼのとした光景が観られたのですが、この10年ですっかり宅地化してしまいました。

それでも、このような切通しがまだ一箇所残っていて、此処を通ると何故か懐かしい気分に浸れるのです。それというのも、私の小学校時代に住んでいた久我山の駅から南口を出ると急な上り坂となって左右はこのような切通しが覆いかぶさるようにあって、その印象が今もしかりと脳裏に住み込んでいるからかも知れません。

世田谷区中町・玉川署信号近くにあるこの切通しは、関東ローム層の地肌が野趣に富んだ景観を造っていて、この界隈の住宅街とは全く趣を異とするのですが、切通しの奥は、若い松の木がいつ注文がきても準備万端、完璧な養生を以って連なっています。

|

« 原宿の店 | トップページ | ひたすらモダニズムの追求。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/10616613

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷の切通し:

« 原宿の店 | トップページ | ひたすらモダニズムの追求。 »