« 屋根裏派ですか? | トップページ | お並びするのが、お好き! »

2008年12月 9日 (火)

東京會舘 Pietro展

Rimg15018 Rimg15007 Rimg15033 Rimg15030 Rimg15029 丸の内、東京會舘ギャラリーでPietroさんこと、菊池仁志さんの個展が13日まで開催されています。2006年・2007年は赤坂のギャラリーサカで開催され、私もお手伝いさせていただきましたがhttp://sohske.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_743f.html、取壊しとなり、新しい建物群が登場するまで、お預け状態ということで、この場を選ばれたようです。

雑誌『料理王国』http://www.cuisine-kingdom.com/new.htmlのヤンミー食堂という連載を愉しみにされているご同輩も多かろうと存じますが、東京會舘という場所柄なのか、今回は銀座・築地界隈の老舗の旨いものが勢ぞろいしていて、それでも菊池さんのセンスマジックにかかるとモダンな気配が漂っています。水彩材料から日本画顔料まで駆使して描かれた今回は、ぐっと彩りも鮮やかとなり、繊細さも尋常ではありません。私も仕事柄、詳細な絵やスケッチを描くことがありますが、菊池さんの集中力には正直、驚きであります。

菊池さんはダッチオーブン料理http://www.jdos.com/の楽しさを広められたご本人ですから、アウトドアーフレーバーにあふれた野趣な画趣もあるのではと思いきや、元広告マンの血が騒いだのか、東京會舘に敬意を表した作品もあり、一年ぶりとはいえ、銀座・築地で培った街っこ遊びの栄養が会場に行き渡っておりました。

|

« 屋根裏派ですか? | トップページ | お並びするのが、お好き! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/26018266

この記事へのトラックバック一覧です: 東京會舘 Pietro展:

« 屋根裏派ですか? | トップページ | お並びするのが、お好き! »