« 喫茶店は永遠! | トップページ | パレットの入替 »

2008年12月31日 (水)

景色にも『綺麗寂び』あり!。

Rimg15576 春の日差しも嬉しいものですが、今の陽射しもストレートな強さがあって、無風などというおまけがつけば、この時季の転寝もけっこうなものであります。

駒沢の隣町である深沢一帯はその昔、東京から身近な別荘地として発展し、駒沢ゴルフ場(現・駒沢公園)との相乗効果でこの近辺が素晴らしい牧歌的景観であったそうです。今ではその名残も本の僅かとなった保護樹林の様子ぐらいしかありませんから、その時代の光景を観たかったものです。

それでも、深沢6・7・8丁目には今も樹木に覆われた一角が点在していて、立派な造園業を営む会社も何社かあります。この辺りは比較的地勢的にも恵まれていて、その上、水脈も這うように地下で広がっているそうですから、枯れることなく樹木の生育も育まれているのでしょう・・・。

穏やかな年末のひと時、散歩がてら深沢6丁目の辺りを歩いていると、塀に映る枝葉の影が、何ともいえない『綺麗寂び』http://blog.goo.ne.jp/sawara_2005/e/bfcc0179d7813d6520219e6fb82ed7e1 の気配を演じてくれました。この塀の素材感と色合いでなければ、単なる日陰なのですが、そのちょっとした違いこそが、この国独特の、繊細でうつろな感性を育んだのですから・・・。

|

« 喫茶店は永遠! | トップページ | パレットの入替 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/26547836

この記事へのトラックバック一覧です: 景色にも『綺麗寂び』あり!。:

« 喫茶店は永遠! | トップページ | パレットの入替 »