« 1956年の日記・『ほこり風』 | トップページ | 神田 ささま・豊年 »

2009年1月13日 (火)

1960・マラソン大会

126619601113 1960年(昭和35年)、1月13日に開催された小学校最後のマラソン大会の様子です(先頭が私です)。

わたしはこのマラソンが大の苦手で毎年、この大会が近づくにつれ重い気分になっていきました。それと、中学に上れるかどうか、平均点が合否すれすれのところにいた私は、そのことも気がかりで走っていました。確かな記憶が無いのですが、学園構内を2周か3周させられたかと思います。この頃私は野球に専念していたので身体も比較的大きい方でしたし、走りこみもしっかりやっていましたから、走ることはさほど苦手ではなかったのですが、マラソンはどうしても瞬発力よりも持久・耐久力の勝負ですから、せっかちな私は(今もそうですが)、前半飛ばして後半ばてるというパターンを何年か繰り返しては反省するのみ・・・という状態でした。

とくに最後のマラソン大会ということで張り切っていましたから、後ろから首にタオルを巻いた俊足ランナー・山本昌彦君がひたひたと近づいてくるのを気にしながらも、何とか振り切って念願の一桁順位の7位となりました。

当時、成蹊学園構内は長閑な武蔵野の雑木林も点在していましたが、今や立派な校舎が林立しています。この桜並木は今も小学校一年生の入学式を高学年の生徒が拍手で出迎えるイベントの場でもありますが、晴れれば最高の花道となるものの、雨の場合はお気の毒な道に変わってしまいます。

|

« 1956年の日記・『ほこり風』 | トップページ | 神田 ささま・豊年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9683142

この記事へのトラックバック一覧です: 1960・マラソン大会:

« 1956年の日記・『ほこり風』 | トップページ | 神田 ささま・豊年 »