« 東京駅・1953年 | トップページ | イタロ・ルピのポスター »

2009年1月 5日 (月)

OGO 酸素水のボトル

Rimg8614_2 OGO(オゴ)は現代人に不足している酸素をもっと手軽に補給できないかというコンセプトよりデザインされた酸素水です。
水はミネラルウォーターの水源として官報に記載されているオランダTilburg(ティルブルフ)の「Gilzerbaan(ヒルツェルバーン)」にて採水した水に、Westfalen社の高純度酸素を※通常の水の約35倍も封入した世界で最も酸素濃度の高い酸素水です。
また、この水源から採水されるミネラルウォーターは、 「Prise d'Eau(プリーズ・ドー)」というブランド名でエアラインにも供給される高品質なお水です。日本人にも飲みやすいくせのない中硬水で、すっきりとしたテイストの酸素水です。
また、スパークリングタイプは、微炭酸でやわらかい口当たりのシャンパンのような炭酸酸素水です。

ボトルのデザインは現在パリでもっとも波に乗っていると言われているORA-ITOに。「卓上でグラスを必要としない」というコンセプトのもとにOGOをデザインし、ペットボトル素材でグラスのように美しいボトルを開発しました。

スーパーマーケットで、陽射しを浴びて輝いていたこのボトルを見て、衝動買いしてしまいました。運搬時の配送効率も悪いでしょうし、何といっても商品管理上、不安定な形態は、よほどの洒落た感性の販売店でない限り、ご遠慮願いたい・・・などと、言われてしまいそうです。

それでも、この形態を決済したトップの感性は拍手ものですし、一般的な形態にすれば、より多くの売上が保証されるものの、よくぞ、やってくれました・・・、といいたくなるほどの、傑作形状であります。

デザインコンセプトにあるように、白いテーブルクロスの上に、このボトルが置かれただけで、その店のお洒落度がぐっと上ってしまいそうです。

|

« 東京駅・1953年 | トップページ | イタロ・ルピのポスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/20105462

この記事へのトラックバック一覧です: OGO 酸素水のボトル:

« 東京駅・1953年 | トップページ | イタロ・ルピのポスター »