« 広重・湯島の雪景色 | トップページ | 尾根道の眺望 »

2009年2月26日 (木)

生菓子の意匠・咲きがけ

Photo_2 茶巾絞りにした白生地と桃・緑の彩りが春のお告げを暗示しています。

極めて、明快な意匠ですから、彩りのバランスが生命線です。ちょっとした手加減でその桃・緑の色の比率が狂って、ダサイとも云われかねない姿となってしまうことになり、職人さんたちの悲鳴が聴こえてきそうですが、素晴らしい出来栄えのものには、優雅なほんわかした春の長閑さしか聴こえてきません。

山形市・佐藤屋の「咲きがけ」です。

|

« 広重・湯島の雪景色 | トップページ | 尾根道の眺望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28102496

この記事へのトラックバック一覧です: 生菓子の意匠・咲きがけ:

« 広重・湯島の雪景色 | トップページ | 尾根道の眺望 »