« 生菓子の意匠・白山 | トップページ | 広重・小梅堤 »

2009年2月17日 (火)

多摩川便り・春近し

Rimg16469 Rimg16470 Rimg16473 この日、急に気温が高くなり、20度を越えるということになり、自転車で久しぶりに多摩川へと出かけました。この日は、無風に近い状況ということもあり、ご機嫌なつかの間の春気分を存分に堪能しました。土手の雑草も整備されて、気分良い真っ直ぐな堤を快走しましたが、何故かこの日、やたらと高校生のマラソンチームとすれ違い、途中、何度も自転車を降りて、脇に寄らざるを得ないことが多く、以前はマネージャーがきちんと一列で走らせていたのですが、この日はどのチームも二列併走当たり前で、周りへの気遣いの無さが気になりました。

登戸方面から丸子橋に向かう途中、二子玉川再開発の区域には、ついにマンション棟が建ち始め、こうなると、(背後の国分寺崖線にお住みの)瀬田・上野毛地域の環境を存分に堪能できた既得権をお持ちの皆さんは、迫り来る、不愉快な日々の生活をどう思っているのかと、ふと頭を掠めました。

川崎側の堤にあり、この時季の名所でもある河津桜も満開で、その艶やかな光景を観てるだけで、(年明けから爽やかなニュースも無かったこともあり、)ほんのつかの間でありましたが、気分の良い一日でありました。

|

« 生菓子の意匠・白山 | トップページ | 広重・小梅堤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28122394

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川便り・春近し:

« 生菓子の意匠・白山 | トップページ | 広重・小梅堤 »