« 広重・小梅堤 | トップページ | I can hear Kenucky calling me »

2009年2月19日 (木)

下萌・和菓子の季節表現

Photo_3 「今よりは春になりぬとかげろふの下萌急ぐ野辺の若草」(続拾遺集)

和菓子の世界で春のお告げを象徴する大テーマのひとつが『下萌』で、全国の和菓子屋さんは競ってこの普遍的御題に挑戦しています。

土中から萌え出した草や芽などを象徴的・抽象的に表現するのですが、この一品などは珍しく土の地割れから覗く草が渋いながらも、彩りのコントラストによって、はっきりした造形として完成されています。

土の質感を主題に見立てたところなどは、この職人が、相当茶道を嗜んでいて、茶碗にも造詣が深く、特に、土物の素材がお気に入りではなかろうか・・・、などと勘繰ってしまいます。

『下萌』 京都・松寿軒

|

« 広重・小梅堤 | トップページ | I can hear Kenucky calling me »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28107780

この記事へのトラックバック一覧です: 下萌・和菓子の季節表現:

« 広重・小梅堤 | トップページ | I can hear Kenucky calling me »