« 生菓子の意匠・咲きがけ | トップページ | 横浜 ・ホテルニューグランド »

2009年2月27日 (金)

尾根道の眺望

809_3 隅から隅まで、すっかり平均化した街並みばかりとなってしまった日本では、尾根伝いの街道町でさえ、迂回したバイパス沿いの街だけがモータリゼーションの恩恵を受け、旧街道筋などは、昔の栄華など微塵も無く、ひたすら、虚無の嵐が通り抜けるようであります。

イギリスの美しさのひとつは何といってもそのハイランドのもつ柔らかな稜線に沿った中世からの街並みが良好に保たれているからこそ薫る、その自然な姿でしょう。

安野光雅さんの描いたイギリスの田舎の風景にも、その雰囲気が良く表れていて、日本人の好みにもぴったりです。これまで4回ほど訪れたイギリスですが、ゆっくりと自転車で散策したこともなければ、ゆっくりと田舎のコーヒーハウスで、アフタヌーンティを嗜むこともなく、ただひたすら決められた日程で展示会回りをしただけでしたから、次回は、イギリスの美しい眺望を一日中、ぼんやりとしていたい・・・というだけの旅を思考中なのであります・・・。

|

« 生菓子の意匠・咲きがけ | トップページ | 横浜 ・ホテルニューグランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/21541954

この記事へのトラックバック一覧です: 尾根道の眺望:

« 生菓子の意匠・咲きがけ | トップページ | 横浜 ・ホテルニューグランド »