« 頑張るJ・COOK 神宮前の名店 | トップページ | 多摩川便り・洒落たカフェが突然!。 »

2009年3月18日 (水)

千鳥が淵便り・余計な建物が!。

Rimg17349 Rimg17350 Rimg17348 日曜日よりさらに気温上昇となった16日の月曜日、花粉・黄砂の注意をしきりに早朝の天気予報が伝えていましたが、思い切って早めに自転車で桜前線を確かめに、千鳥が淵に向かいました。まだ寒い7時半、駒沢をスタートし、僅か、40分程で到着。此処、桜名所の現場は、突貫工事で緊張した現場監督の号令下、ボートハウスが、これまでの長閑な姿から一変し、なんと、モダンな安藤忠雄ばりのコンクリート姿に大変身であります。桜の開花は予想より早くなりそうですから、工事現場は一日も早い完成がノルマとみられ、関係者が慌ただしい様相でありました。間隙を縫ってずうずうしくも、こっそりとボートハウスの上に新設された展望台に上ってみると、お濠にせり出した分、絶景がさらに至近距離となり、絶景が手に取るようであり、これでは満開時には混雑間違いなしでしょうが、予想外の狭さに、われ先と急ぐ輩のトラブルなどが多々ありそうな気配がいたします。

こういう展望台なるもの、全国の名所にはつきものであるものの、何故、千鳥が淵までもが・・・、と云いたくなってしまいます。おまけに、景観とマッチしないモダンなボートハウスの姿・・・。以前はボートハウスの入口の坂からも絶景スポットの撮影が出来ましたが、新しいボートハウスの余計な屋根が出しゃばってしまいパノラマの桜景色が分断され、展望台以外はナイスなスナップなど、望めそうもありません。

今日は、北の丸側からボートハウスを観ませんでしたが、間違いなく、空々しい景観となってしまったことだけは、確かであります。残念!!!。

さて、そのまま靖国神社方面に向かうと、更に、インド大使館もが青山通りの商業施設と見違えそうな、最近流行のサッシとガラスのビルに大変身でありました。

こと左様に、モダンな建物が一番相応しくないというか、あえて言うと、絶対ダサイこの場所に、何故か、突然のモダンな建築物が吹き荒れています。そのままのすっぴんな自然の姿が比較的良好に残されていたこの界隈でありますが、あまりに環境とのバランスを欠いたボートハウスが、物議を醸しだすのは間もなくであります・・・。

|

« 頑張るJ・COOK 神宮前の名店 | トップページ | 多摩川便り・洒落たカフェが突然!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28661106

この記事へのトラックバック一覧です: 千鳥が淵便り・余計な建物が!。:

« 頑張るJ・COOK 神宮前の名店 | トップページ | 多摩川便り・洒落たカフェが突然!。 »