« デュフィのコンサート | トップページ | ちょっと昔の表参道は・・・。 »

2009年3月11日 (水)

多摩川便り・春よ来い!

Rimg17025 Rimg17032 この日は久しぶりの無風状態となり、気温も12度前後ということもあり、多摩川に自転車で出かけました。しばらくご無沙汰ルートであった、駒沢・深沢・瀬田の抜道を通り、二子玉川駅に出て、登戸方面に向かいましたが、この土手を走るランナーの数もいつもより多く感じられました。登戸をユーターンし、川崎方面に向かうと、急に風が出てきて、安全策のために持っていた最新のウィンドブレーカーを着ざるを得なくなりました。このジャケットはロンドンの消防隊や警官も使っているというもので、コンパクト性も素晴らしく、手のひらサイズになってしまうほどです。繊維の密度も細かく、バタバタというこの手のジャケットにありがちな音も気にならず、じつに快適であります。

春が近づき、土手の土筆を摘む近隣の家族も多く、そのおだやかな光景は嬉しいものですし、片や、野球グラウンドでは、高校生が練習に励んでいました。私は一年中、高校生が多摩川で野球の練習をしている姿を観るのが好きですが、とくに、この時季の練習姿は格別、春の到来を待ちかねている気分に駆られます。ハイテクマシーンを駆使した練習は、我々世代のそれとは別格でありますが、バットの快音と独特の若人の声が鳴り渡るのは、気持ちよいものです。

さて、今年の桜開花は25日頃といわれ、例年より早咲きのようですが、確かに、下丸子の土手にある桜並木にもほんのりと蕾が出ていて、このまま、暖かい日が続けば、もっと早まる可能性も大有りではないかと思われるほどでした。

この日は新丸子から池上本門寺に向かい蕎麦と葛餅で一服、呑川側道を北上しながら、自由が丘経由で駒沢に戻りました。走行距離は凡そ、50キロ。若干、体重の増えたことが気になりましたが、何とも気分の良い4時間でありました。

|

« デュフィのコンサート | トップページ | ちょっと昔の表参道は・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28550976

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川便り・春よ来い!:

« デュフィのコンサート | トップページ | ちょっと昔の表参道は・・・。 »