« 桜新町・街角桜 | トップページ | 網代町のメインストリート・1950年頃 »

2009年3月25日 (水)

広重・隅田川水神の森真崎

029 広重の画風の中でも極めて装飾的ニュアンスの濃い一作です。八重桜が満開の真崎稲荷神社境内から筑波山を望むこの作品は、まさに江戸名所案内に相応しい分かりやすいモチーフにあふれています。

隅田川を渡る筏がさらっと描かれていますが、スーッと流れているかのように観えるのはどうしてなのでしょうか。ここにも広重の現場を凝視して、体感した記憶がきちんと表現に落とし込まれています。さらに筑波山に霞む雲の表現がまったくの白抜きのままというのも、ちょっと腑に落ちないのでありますが・・・。きっと八重桜に焦点を当てたので、他はサラッと行こう!・・・などと急に思い立って加筆することを止めたのかも知れません。

|

« 桜新町・街角桜 | トップページ | 網代町のメインストリート・1950年頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9666866

この記事へのトラックバック一覧です: 広重・隅田川水神の森真崎:

« 桜新町・街角桜 | トップページ | 網代町のメインストリート・1950年頃 »