« カレンダーです。 | トップページ | 神田須田町は親爺の桃源郷 »

2009年3月 3日 (火)

安野光雅・スイス雪景色

509 雪山の景色は、人工的環境で日々の生活をしていればこそ、その感動的な光のコントラストに心身ともにリフレッシュさせてくれます。

生まれて初めての1967年の海外旅行は、スキー板の買付けも兼ねてましたから、当然スキー場にも出向いて、クナイスル・ケスレー・エルバッハなどの板を履き比べてみたものの、一番年下の私は、そんな事よりも広大・壮大なスイスアルペン地方の景色ばかりに気をとられ、その印象を頭に焼き付けることで一杯でした。

さて、この安野光雅さんの水彩画をみると、極めて短時間に描かれたと思いますが、雪山の光の反射感がみごとに表れていて気持ちよい画趣となっています。さらに、おそらく当日の陽は燦々としているものの、当然風は冷たく即興のように描かねばならない状況下、4色ほどの混色センスを駆使して描かれたのにも関わらず、暖かい優雅な日中のひとときを表わしてくれています。

|

« カレンダーです。 | トップページ | 神田須田町は親爺の桃源郷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9519438

この記事へのトラックバック一覧です: 安野光雅・スイス雪景色:

« カレンダーです。 | トップページ | 神田須田町は親爺の桃源郷 »