« 1956・今日の日記「夕方でたもや」 | トップページ | 掛時計 »

2009年4月21日 (火)

Earth Day Tokyo 2009

Rimg18816 Rimg18824 Rimg18825 Rimg18829_2 Rimg18838 Rimg18851 Rimg18856 先週の土日に、代々木公園前・イベント広場でEarth Day Tokyo2009 http://www.earthday-tokyo.org/  が開催されました。

昨年、初めてこのイベントを訪れ、その業界・業態のバラエティの広さに圧倒され、是非、今年も・・・、ということで、開始時間前の9時半に会場に入りました。なにせ、『環境の時代』という追風もあって、今年の入場者数も13万人が予想され、昼頃は多くの人でごったがえした昨年の記憶もあったので、早めに来てみましたが、昨年と変らない、エスニックファッションや雑貨の店も不思議なゾーンを形成していて、もう下北沢状態でありました。

期待していた自転車に関係する若い世代のブースを覗くと、世界の自転車駐輪場の現状を報告しているアカデミックなものもあれば、バイクメッセンジャーの会社の若者達が立ち上げたBICYCLE FILM FESTIVAL http://www.bicyclefilmfestival.com/jp/ の広報ブースもあり、私の日常接する、サイクリストやヒルクライマーとは一線を画す、新世代の活動 http://x2tokyo.jp/index.html  http://www.bejapan.org/ が目に焼き付きました。自転車通勤のための快適な環境を創る動きは法改正も含め、かなり詳細に亘っていることも分かります。

太陽エネルギーブースの傍に手作り化粧品のブース・・・など、このイベントは分野も会社の規模もピンからキリまであって、現在の環境志向のライフスタイルの潮流を横串でざっくり掴むには、これほどはまり役のイベントもそう無かろうかと思います。圧倒的に賑わうのは、食に関わる分野でありますが、美・健に関わる分野も多く参入し始め、洗練さにも磨きがかかり、今後、『食・美・健・住・知』のメガトレンドイベントとして、おお化けする気配が濃厚でありました。

|

« 1956・今日の日記「夕方でたもや」 | トップページ | 掛時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29209487

この記事へのトラックバック一覧です: Earth Day Tokyo 2009:

« 1956・今日の日記「夕方でたもや」 | トップページ | 掛時計 »