« 銀輪疾走・桜三昧 | トップページ | 広重・四谷大木戸 »

2009年4月 1日 (水)

エドワード・ホッパー、海岸

Ed5 1927年に描かれたエドワードホッパーの絵は、日本人好みの茄子紺系のダークブルーをメインの色に据えて、全体をそれに近い色相でまとめ上げ、差し色に僅かな茶色をもってくるという、デザイナー感覚たっぷりの表現であります。

ホッパーに見え隠れする、都会の孤独感・寂しさは、この絵にも表れていて、人物は登場しないものの、どこか悲しげな人影でもありそうな気配です。

すっきりと晴れ渡っている状況にも関わらず、冷たさを感じるこの絵にも、都市の孤独なホワイトカラーに焦点を当てたホッパーのマーケッターとしてのセンスさえも感じとることができるようです・・・。

|

« 銀輪疾走・桜三昧 | トップページ | 広重・四谷大木戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/8680132

この記事へのトラックバック一覧です: エドワード・ホッパー、海岸:

« 銀輪疾走・桜三昧 | トップページ | 広重・四谷大木戸 »