« 1967ヨーロッパ旅行・アウトバーン | トップページ | 春の兆し、表参道。 »

2009年4月14日 (火)

いつの間にか、増えるのです!。

Rimg11266 いつの時代でも、男の工具好きというものは、女性の皆さんには理解されにくい感覚のようですが、逆に、女性の鍋・調理器具好きが男には理解しにくいのと、同じようなことなのかも、知れません。

子供の頃から、父のアトリエに忍び込んでは、絵の道具に混ざって、キャンバス生地を張り込む特殊な道具などを見て育ち、そのうち、自分で、木っ端に釘を打ったりすることが面白くなってしまい、挙句の果て、自転車という工具なしでは役に立たないモノにのめり込んで以来、今日まで、工具が目の前に現れると、ついつい抑えていた物欲の癖が起きてしまいます。

右の他愛無いやっとこは、子供時分の工作でお世話になり、左のBAHCOのモンキースパナは自転車で出かける時、フロントバッグに放り込んだ必須アイテムでした。いかにも道具然としていた世界にも、新素材やら、新技術の跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)の果て、全く分からない姿の工具もあって、久しぶりの東急ハンズは、工具のバラエティ・ショーのような様相を呈していました。財布に優しい価格のスイスの赤いグリップのドライバーを手に取ると、バーコードが刷り込まれていて、折角の美しいロゴの構成を台無しにしていましたが、雑然とした工具箱に仕舞っても直ぐ分かりやすいデザインに、一目ぼれと相成りました。

こうして、止められない工具収集の性癖は、工具箱を増加させる状況にしてしまうのです。

|

« 1967ヨーロッパ旅行・アウトバーン | トップページ | 春の兆し、表参道。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/22680673

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にか、増えるのです!。:

« 1967ヨーロッパ旅行・アウトバーン | トップページ | 春の兆し、表参道。 »