« 熊のプーさん・挿絵 | トップページ | 1967・スイス ベルンで一人過ごす。 »

2009年5月 7日 (木)

文京区向丘 K. パスタと世界のビール

Rimg19236 Rimg19242 先月28日、宮脇檀さんの『船橋ボックス』のお別れ見学会の集合前に文京区向丘界隈を散策してると、そっくりさんのような住居が数棟あるのに気付き、思わず笑ってしまったのですが、本郷通り界隈の落ち着いた雰囲気は時代に取り残された感じとは異なり、ここが本当の山手であるという気配が濃厚でありました。

さて、地下鉄南北線『東大前』出口2を上り、本郷通りの歩道橋を渡り、保全不動産の角の小路を入ると、良さそうな店のオーラが飛んできました。『パスタと世界のビールK.』という名前のお店で、通り過ぎると、路面の雰囲気とまったく違う店内が目に入りました。この日は全席予約という事で準備に怠りないその姿勢に納得。図々しくも、お忙しい中、スナップさせていただきました。第一印象では昔、新宿にあったカントリー系のライブハウスのような気配でありますが、あのがさつさはなく、丁寧なテーブルセッティングがこの店の感覚を伝えています。

店主の荒家クニ子さんは三愛みゆき店店長さんから脱サラし、パスタ専門店・サンドイッチ専門店・欧風レストランで6年間修業され、この店を開店させました。ですから、店の隅々まで間延びしたところなど皆無で、ぴりっとしているのでしょう。

壁面には、此処に来店した著名人のサインがあり、驚くなかれ、ソプラノ歌手林康子、指揮者井上道義、池田理代子、ジョン・デンバー、エルンスト・ヘフリガー、作家ボリス・アクーニン・・・、ここは著名人の隠れ処かお忍びか、と思ってしまいます。

いよいよ、ビールの美味しい季節となります。常時、60種類の世界のビールのあるこの店に是非一度お邪魔したいものですが、私世代の多くがことビールに関しては攘夷思想でこちこちなのが、頭にキズです。

今時は、根津神社のツツジの散策後にでも辛い上り坂を上れば、美味しいビールが待っています。

尚、ランチは和風スパゲティ・日替わりの二品から選べ、なんと驚愕の650円!。

『K.』の住所 東京都文京区向丘2-8-4

        電話03-3813-5224 営業時間 11:00から20:00 定休日 日曜・祭日

|

« 熊のプーさん・挿絵 | トップページ | 1967・スイス ベルンで一人過ごす。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29412468

この記事へのトラックバック一覧です: 文京区向丘 K. パスタと世界のビール:

« 熊のプーさん・挿絵 | トップページ | 1967・スイス ベルンで一人過ごす。 »