« ルーシー・リィー展より安藤忠雄展? | トップページ | 自転車で新川方面に。 »

2009年5月12日 (火)

Paul Smith Rose

Rimg19778 Rimg19781 青山通り界隈を早朝自転車で徘徊していると、陽射しが正面から浴びて心地よい気分です。南青山から・神宮前には細い路地が複雑に絡み合っている場所が少なくなく、袋小路に追い込まれるときも稀にあるのですが、これこそ、自転車の愉しみの真骨頂でもあります。

以前、偶然に見つけたPaul Smith Spase http://www.paulsmith.co.jp/space/index.html の前を通るとバラの香りが過ぎったので、自転車を止めてみると壁際にいかにもイングリッシュ・ローズと思しき花が咲き乱れていました。ショップスタッフに聞いてみると、このバラはロンドンのポールスミスの自宅の庭とここしかないそうで、Paul Smith Roseと呼ばれているバラの種類だそうです。今や、SIRの称号をもつポールさんですから、自分の名前を冠したバラなどあってもおかしくありませんが、確かに深みのあるコバルトヴァイオレット色のイングリッシュ・ローズには品格とある種の野趣性があって、しばらく、陽射しの強さを避けて、見入っていました。

切花ばかり見慣れてしまった感のある昨今ですから、このように群生しているバラが東京の真中で見られるというのも、粋なポールさんの計らいがあってのことでしょう。

まだ咲いていますから、お好きな方々はご覧になられたら如何でしょうか。

Paul Smith SPACE
営業時間: 11:00-20:00 定休日: 水曜

東京都渋谷区神宮前5-46-14  TEL: 03-5766-1788

|

« ルーシー・リィー展より安藤忠雄展? | トップページ | 自転車で新川方面に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29532727

この記事へのトラックバック一覧です: Paul Smith Rose:

« ルーシー・リィー展より安藤忠雄展? | トップページ | 自転車で新川方面に。 »