« 同じスポーツでもこの違いは・・・。 | トップページ | カントリー懐メロ 聴き比べ »

2009年5月25日 (月)

更衣 (ころもがえ)

Rimg16619 「庵に在りて風瓢々の夏衣  河東碧梧桐」

食材のバイオ工業化・自然環境の縮小化、年中エアコン頼りとなってしまった都市生活においては季節感も鈍ってしまい、映像やら、毎日のように届くDMなどを通して、辛うじて、季節の移ろいを感じとることができますが、だんだんと薄れてきているのが実態のようです。

こと左様に季節ごとのメリハリも鈍ってきた昨今でありますが、日本の風俗・ならわしの基盤でもある季節感に対する日々の暮らしの切り替えというものは、例えば「衣更え」http://www6.vis.ne.jp/~aichan/edo/shiki/04_koromogae.html などは、生活のリフレッシュという意味でも、合理的な以上に人間も環境の一部であることを実感する、素晴らしい知恵でもあります。

さて、和菓子のKING、とらやの『更衣』 http://www.toraya-group.co.jp/products/pro08/pro08_004.html と銘々されたこの逸品、5月30日から6月1日までの極めて限られた販売期間でありますが、じつに、安永四年(1775年)関白近衛内前公より銘を賜ったというものです。羊羹に和三盆糖をもみ込み、上面に薄くまぶした和三盆糖が、絽の衣を思わせる姿から、この銘となった・・・、ということです。

シンプルながら奥深く、無常観さえ漂うその姿に、メリハリの微塵も無いダレきったこの国の幼稚な舵取りの面々が、ついつい浮かび上がってしまうのであります。

|

« 同じスポーツでもこの違いは・・・。 | トップページ | カントリー懐メロ 聴き比べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28233007

この記事へのトラックバック一覧です: 更衣 (ころもがえ):

« 同じスポーツでもこの違いは・・・。 | トップページ | カントリー懐メロ 聴き比べ »