« いいちこのメッセージ | トップページ | 細野晴臣さんのうしろに。 »

2009年5月31日 (日)

何様式と呼べばよいか 香港藝術館は。

090521rp1_2 Louisvuittonpassioncreationhongkong 写真:鈴木芳雄

香港藝術館http://www.lcsd.gov.hk/ce/Museum/Arts/english/aboutus/aboutus.htmlの建物をリチャード・プリンス氏の作品でラッピングしてしまった写真です。たとえ高名な建築家の作品といえども、純文学のような確固たる創造者保護の著作権などなく、その建物の運用に関しては、もう建築家の手を離れた、違う世界の勝手な出来事でありましょう。

しかし、見方によっては、この手法によって新しい広告媒体が誕生したとも云えるわけで、その時代のトレンドを発信するエネルギーをこの場をお借りして、表現できるとしたら、これはこれで、都市の装置として良しとしましょう。少なくとも、大型映像装置による電飾もどきのオプティカル装置よりは知的で美しいかも知れませんし、広告写真や映像表現に新機軸が誕生するかもしれません。

ふとしたことから大化けすることの多い都市のイリュージョンマジックこそ、現代の、はかなき華、なのであります。

|

« いいちこのメッセージ | トップページ | 細野晴臣さんのうしろに。 »

コメント

It's perfect that we can get the loan and this opens up completely new chances.

投稿: CeceliaBAUER | 2012年5月27日 (日) 午後 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29770400

この記事へのトラックバック一覧です: 何様式と呼べばよいか 香港藝術館は。:

« いいちこのメッセージ | トップページ | 細野晴臣さんのうしろに。 »