« 藤森さんの建築はびっくりして優しい。 | トップページ | 維新とフランス展・東大総合研究博物館 »

2009年5月 3日 (日)

高岡 徘徊便り

Rimg19494 Rimg19462 Rimg19465 Rimg19467 Rimg19469 富山県・高岡市に行っていた間、5月1日は高岡市が誇る祭り重要有形・無形民俗文化財『御車山祭』http://www.senmaike.net/mikurumayama/の奉曳の日とあって朝日の昇る頃から、皆さん、準備にそわそわ状態でありました。

豊臣秀吉より前田利長公が拝領した山車を高岡町民に与えた1609年が祭りの始まりとされ、華やかな桃山様式の高岡名工の意匠が金工から漆芸まで、八台の山車に施されています。今年は開町400年という節目ということもあり、例年にない力の入れ様だということです。

私は月一回の割でこちらに出向いて仕事の打ち合わせをしていますが、10時の会議の前にこれまでしていなかった徘徊を、朝六時から開始。此処が蔵の町であることも改めてよく分かりました。土蔵は立派な構えの蔵から洋風アーチとの合体まで、夫々の都合に合わせ、古典派から現代派まで点在していて、楽しい景観を展開しています。

|

« 藤森さんの建築はびっくりして優しい。 | トップページ | 維新とフランス展・東大総合研究博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29400359

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡 徘徊便り:

« 藤森さんの建築はびっくりして優しい。 | トップページ | 維新とフランス展・東大総合研究博物館 »