« モネ・ブージバルの橋 | トップページ | 高岡 徘徊便り »

2009年5月 2日 (土)

藤森さんの建築はびっくりして優しい。

Vcfty Bgfyguy 『普通の人』との接点を建築に持ち込んで、その解決プランが『普通の人』の期待を嬉しく裏切る確信犯が、藤森照信さんです。

建築界の符丁を無視するかの如く、自由奔放ながら、天才・赤瀬川原平さんの裏千家も驚愕した侘びさびの解釈や、芸術原論も採りこんで、もうその素材構成・表現には、並みの評論家の出る幕などないのです。

2000年に作られた熊本県立農業大学校学生寮の、質素でありながら優美な空間は、実に絶品です。食堂の柱に挿されたのか、最初から残したのか・・・、枝のあしらいなど、微笑ましい現在感覚というか、アカデミックでないエコセンスのサンプルといえますね。こんな空間でお勉強できる学生諸君は穏やかな性格となって、きっと地球に優しい・人に優しい食材の研究や栽培が実を結ぶこと、間違いなしです・・・。

|

« モネ・ブージバルの橋 | トップページ | 高岡 徘徊便り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/23463336

この記事へのトラックバック一覧です: 藤森さんの建築はびっくりして優しい。:

« モネ・ブージバルの橋 | トップページ | 高岡 徘徊便り »