« 広重・雨の悲しさ | トップページ | 日比谷交差点・1952 »

2009年6月24日 (水)

大学キャラ・・・、いろいろ。

Rimg20766 自転車で東京都内を走っていると、様々な大学の前を通りますが、最近どうも、各大学の顔ともいうべきシンボルが変りだしたことに気付きます。

今朝(23日)の朝日新聞には、このような広告が掲載されていて、これを観るだけでも、そのマーク・シンボルのバラエティーに驚きます。どこの大学が発端というか先鞭をつけたのか分かりませんが、変えたことによって、ただでさえ減り始めた入学希望者にひと目でわかるようなインパクトのあるデザインが多くなっているような気配がありありです。大学が法人化して経営センスを問われ、毎年の客数(入学者)アップは経営陣の最重要項目となり、そこに大手広告代理店の付け込む余地でもあったのか・・・、一寸目には何処の商業施設なのかメーカーなのかと混乱しそうなデザインで溢れ、所謂、旧来からの大学のもつ正統性が失せ、ぱっと目に付けば良いというレベルのものが多いのは、相当、気になるところであります。

方や、媚を売るような方向など我が大学は無縁とばかり、創立者のオーラを頑なに護っている大学もあり、時代の流れとはいうものの、複雑な心境であります。

|

« 広重・雨の悲しさ | トップページ | 日比谷交差点・1952 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/30240639

この記事へのトラックバック一覧です: 大学キャラ・・・、いろいろ。:

« 広重・雨の悲しさ | トップページ | 日比谷交差点・1952 »