« 男に身近な刺繍 | トップページ | 鈴木信太郎の『下田港風景』・1971年 »

2009年7月28日 (火)

江ノ島・1890年

1890 Rimg2933_2 今や湘南の一大観光地である江ノ島の120年ほど前の風景です。江ノ島全体が江ノ島神社の所有する土地なのですが、その気配など全く感じられないほど、今では聖はどこかへ行ってしまったが如く、俗・遊の活気に溢れ、至るところから美味しい魚介類の煮焼きする香ばしい煙が立ち込めていますが、この写真は、まだ神様がしっかりと土地の末端まで根を張っていた時代の名残が記録されています。

入口の鳥居には、注連縄はないものの、御幣と笹が神道の簡素な意匠を象徴しています。

この参道も今では土産物屋さんが軒を並べてシーズンともなれば、大忙しとなりますが、明治中頃の風景にはそんな様子は微塵たりとも見えませんね・・・。

|

« 男に身近な刺繍 | トップページ | 鈴木信太郎の『下田港風景』・1971年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6878998

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島・1890年:

« 男に身近な刺繍 | トップページ | 鈴木信太郎の『下田港風景』・1971年 »