« 自由が丘で神田の気分! | トップページ | 日本的ハワイの薫り »

2009年7月14日 (火)

眩しい大岡山。

Rimg21160 Rimg21158 最近、自転車で城南地域を走りぬける場合、中原街道を大岡山駅方面に向かうコースが気に入ってます。丸子橋から環状8号線を渡り、雪谷大塚を通り洗足池の手前信号・大岡山駅入口を左折すると、いきなり静かな住宅街となりますが、コンパクトながら坂のアップダウンも楽しめます。所謂、ハウスメーカーの表層的様式建築が少ない分、落ち着いたシンプルな外観の住宅比率が高く、この地域に住まわれる皆さんの生活センスの高さと知性の深さをも感じます。おまけに物価の安さも幸いして、生活のしやすさという面からも、今や人気高騰のエリアであります。

真っ直ぐ進み、東急大岡山駅にぶつかり左折すると、突然素晴らしい光景が現われます。駅に隣接する東急病院の壁面緑化の姿であります。ここ大岡山は、東京工業大学があり、某教授の指導により、この壁面緑化が管理運営されています。この駅周辺は大田区・世田谷区・目黒区の中でも標高が最も高い位置に属し、そのせいでもあるのか、陽射しの眩しさと快適な風の通り抜けにひどく感激してしまいます。又、この町近辺は、東急池上線・大井町線・目黒線・東横線に囲まれ、歩いて10分から15分程度であれば駅の選択肢が10ほどもあるという、徘徊趣味な皆様にとっては嬉しいゾーンでもあります。

周りから浮きまくっている自転車ジャージ姿のまま改札を通り、地下の駅を見ますと、ずいぶんとモダンな意匠に囲まれた待合室が目に入ります。ちょっとしたカウンターではお勉強や読書の方もいて、あのやかましい二子玉川駅とは別格のインテリジェンスな雰囲気に満ちていました。

|

« 自由が丘で神田の気分! | トップページ | 日本的ハワイの薫り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/30523400

この記事へのトラックバック一覧です: 眩しい大岡山。:

« 自由が丘で神田の気分! | トップページ | 日本的ハワイの薫り »