« にょきにょき してます。 | トップページ | 国境が変われば・・・。 »

2009年8月17日 (月)

多摩堤通りの一角

Img_8202 目の前がすーっと広がり、多摩川の光輝く水面が現れると、実に気持ちの良い気分となり、此処、多摩川堤通りは、連休シーズンのバーベキュー狂乱時季以外は、いつ来ても、飽きないスポットです。

通りに面した植栽も、しっかりと管理されていて、スポーツする人間にとっては邪魔にならず有難い話なのですが、最近はその管理状況も過激になって、何処もさっぱりと刈り上げられた坊主頭のように、そっけない気がしないでもありません。

その中で、この一角だけは、何故か近代の気配がまったくせずに、ひたすら大昔の多摩川の気配にあふれている観があります。昼間ですとさほど気になりませんが、夕方あたりに此処を通過すると、ちょっと気持ち悪い予感さえ閃いてしまいます。街路灯もありませんから、月夜の晩には辻斬りなど・・・、といった時代劇の一場面がぴったりの、場所なのです。

登戸から多摩水道橋を潜ると、間もなく登場する、この一角は、夏場ですと気持ちよい風が吹いてくれて、疲れ果てたサイクリストのお休み処の定番でもあります。

|

« にょきにょき してます。 | トップページ | 国境が変われば・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/20838431

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩堤通りの一角:

« にょきにょき してます。 | トップページ | 国境が変われば・・・。 »