« 鈴木信太郎の『越後の海』 | トップページ | 1956年・箱根の寮 »

2009年8月 7日 (金)

ルイヴィトンの電飾

Rimg21361 例年にない冷夏という噂もどうやらほんものになってきたようで、野菜の高騰、魚の生態に異変・・・、などなど、生活にも少しずつ影響が出始めたようです。おまけに先月末から夏らしい陽射しも見られず、関節の節々にも普段感じなかった軋みが出て、体調にも微妙な変化を感じています。

久しぶりに用事で表参道に出向き、その帰りに観たルイヴィトンショップの電飾は冷夏に支えられ、暑苦しくなく、むしろ、日本の氷菓のインスタレーションにも見立てることができるような、美しいものでした。

もしかすると、日本の伝統美術を知り尽くした上で、あえて、猥雑なサブカルチャーを隠し味にルイヴィトンのアートディレクションまで関わりだした村上隆さんの確信犯ともいうべき表現なのでしょうか・・・。私は直感的にパチンコ台からインスパイアーされたのでは、などと勝手に思ってしまいます。雑然としたエネルギーに溢れたパチンコ台からと思われるエキスを、このようにセンスアップした表現として昇華した才覚に脱帽でありました。

|

« 鈴木信太郎の『越後の海』 | トップページ | 1956年・箱根の寮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/30827316

この記事へのトラックバック一覧です: ルイヴィトンの電飾:

« 鈴木信太郎の『越後の海』 | トップページ | 1956年・箱根の寮 »