« 1971年 軽井沢銀座 | トップページ | 手すりの処理・深大寺なのですが »

2009年8月 1日 (土)

デュフィの南仏

Dufy3 デュフィーのさらっと描いた軽いタッチのデッサンに近い画趣も、軽快な空気が部屋中に溢れてご機嫌なのですが、かたや、この画趣のような、絶妙な混色によるブルーを基調とした、深みのある一枚も捨てがたいのです。

こってりとした重ね色の効果は、下地の色を吸い上げて、単色では表せない、華麗な雰囲気を生み出します。デュフィは装飾画家としての経験の長さから、アート指向というよりも、グラフィック指向が強く、その、構成とアドリブに近い、コントラストのセンスは、今もって、光彩を放ち続けてくれます。

この画でいえば、右のパームツリーの葉に見られるインディゴ・ブルーのアレンジなどは、さしずめ『アドリブ王』の面目百花とでもいえるのでは・・・。

|

« 1971年 軽井沢銀座 | トップページ | 手すりの処理・深大寺なのですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/22630675

この記事へのトラックバック一覧です: デュフィの南仏:

« 1971年 軽井沢銀座 | トップページ | 手すりの処理・深大寺なのですが »