« 広重・大伝馬町呉服屋 | トップページ | PPM マリーさんの死。 »

2009年9月21日 (月)

1963 自転車合宿 解散後の帰路

1963last 196314 写真・佐々山厚

1963年、高校一年の8月3日から10日まで実行されたサイクリング同好会の部への昇格に向けた合宿は渋川から韮崎までの300キロ以上に及ぶハードツーリングでした。山あり谷ありのルートは未舗装道路比率も高く、砂利にタイヤをすくわれたり、泥んこ道を日暮れ時に自転車を押し進む日もあったりと・・・、怪我あり笑いあり空腹ありの青春時代の佳き思い出の筆頭でもあります。8月10日に韮崎で解散したメンバーは夫々の自主的判断で様々なルートで帰路に着きましたが、私と佐々山厚さんhttp://www.geocities.jp/aysasayama/の二人は、自走で東京まで帰ることに決め甲府・浜田旅館で一泊して、8月11日の朝九時にスタートし、自宅のある杉並区久我山に到着したのは午後6時過ぎでありました。初めての116キロというハードな距離に挑戦したものの、まだまだ国産変速機の性能も曖昧なもので、気になるガリガリ音が不安感を助長させますし、大月から笹子トンネルまでの殆どが延々と続く砂利道で、正直、ヘトヘトでもありました。日中の強烈な日差しをまともに浴びながらやっとの思いで相模湖に到着し、これから出会う大垂水峠の強烈な石畳のラフロードなど知る由もなく、安堵感に浸った、のほほんとした記念写真を佐々山さんに撮ってもらいました。

今も現役のハードサイクリストとして、又、佐渡トライアスロンにも果敢に挑戦している佐々山さんも、この頃はまだ優しい写真大好き少年でしたから、この合宿ではたっぷりと素晴らしい写真を記録してくれました。

|

« 広重・大伝馬町呉服屋 | トップページ | PPM マリーさんの死。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/31447374

この記事へのトラックバック一覧です: 1963 自転車合宿 解散後の帰路:

« 広重・大伝馬町呉服屋 | トップページ | PPM マリーさんの死。 »