« 一億一丸! | トップページ | 猫とガチンコ!。 »

2009年9月27日 (日)

相撲と豊作祈願

Photo_15 名横綱・栃錦の土俵入りは力強く、ライバル意識むき出しの若乃花とともに私の小学校の頃は人気を二分していました。野球に相撲と、子供の頃のスポーツはこのふたつくらいなもので、今から考えれば少ないわりに楽しかったのです。髭の行司・式守伊之助が発するブルーグラッサーも仰天するハイテナーの声も、いまだに鮮明に焼きついています。

さて、子供の頃は知らなかったのですが、相撲が神事であることが、この横綱・栃錦の注連縄と御幣に象徴されています。注連縄は結界であると教わった事がありますから、正に横綱とは神そのものなのでしょうか。それとも、ある宮司から聞いた話でありますが、注連縄とは雲を表し、御幣は雷を表し、このふたつが揃ったところこそが豊穣を約束された場であり、豊作を祈願するために田の神様が宿る場であるということでもあるそうですから、奥深い意味とかたちがあるようです。

土俵の土も場所ごとに掘り起こして、新しい水を蒔いて蘇らせ、新しい土を盛付けていくようですから、この辺りの儀式も田植えに近いものがあって、清清しいものです。

相撲もすっかり国際化して日本人よりも外国人の方が頑張っているご時勢ですが、単に格闘技だけではない日本の農業文化と神事を秘めている以上、国技相撲くらいは守旧・攘夷思想を徹底するべきではないでしょうか・・・。

|

« 一億一丸! | トップページ | 猫とガチンコ!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6164993

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲と豊作祈願:

« 一億一丸! | トップページ | 猫とガチンコ!。 »