« 本瓦の姿!。 | トップページ | 雑誌のぶら下がり・尾山台ハッピーロード »

2009年9月24日 (木)

峠の我家 Roy Rogers & The Sons of The Pioneers

Roy_rogerssons_of_the_pioneers 小学校時代にはガリ版刷りの冊子が配られて、遠足に行くときは必ず各自持参のお約束でした。

この冊子には唱歌という見出しがあって、日本・アイルランド・アメリカ・イタリアなどの民謡を中心に歌詞と音譜が書かれていました。

私が最初に好きになった歌は「Home on The Range」http://www.youtube.com/watch?v=oKBqz6FWvlo邦題は「峠の我家」http://bunbun.boo.jp/okera/tato/touge_wagaya.htmといいます。今でも、秋口になると脳裏をかすめるこの曲には、その後、デザインを勉強する時代になり、HomeとHouseの違いを解き明かすヒントもあって、かなり外国人の思うHomeの意味がしっかりと表れています。あくまでも、日々牛追いの生活に明け暮れるカゥボーイの心を歌った歌詞ですが、子供ながら、すっかり病み付きとなったしまいました。

間もなく、カゥボーイや西部劇映画にぞっこんとなって、家の中でもプラモデルの拳銃をぶら下げて机に向かっていた、間抜けな頃でもありました。

Home on The Range

Oh, give me a home where the buffalo roam
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day
Home, home on the range
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day

How often at night where the heavens are bright
With the light of the glittering stars
Have I stood there amazed and asked as I gazed
If their glory exceeds that of ours

Home, home on the range
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day

Then give me a land where the bright diamond sand
Flows leisurely down to the stream
Where the graceful white swan goes gliding along
Like a maid in a heavenly dream

Oh I would not exchange my old home on the range
Where the deer and the antelop play
Where the seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day

|

« 本瓦の姿!。 | トップページ | 雑誌のぶら下がり・尾山台ハッピーロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/28480332

この記事へのトラックバック一覧です: 峠の我家 Roy Rogers & The Sons of The Pioneers:

« 本瓦の姿!。 | トップページ | 雑誌のぶら下がり・尾山台ハッピーロード »