« WA・BI・SA ヨックモックの和風菓子 | トップページ | 東山魁夷・欧州からの便り »

2009年11月20日 (金)

1970年代 伊勢丹の力

197009 24 1970年代の伊勢丹は、商品・広告ともに他のデパートを引き離した独自のコード(ディレクション)を持っていて、そのメニューは1950年代後半からのファッション・リビングを中心とした基礎サイズデータと商品分類手法が大元になっていました。揺るぎないファッションリーダーの百貨店としての評価を得る70年代の成長期には、社会変化や世相をも伊勢丹風に味付けした新聞広告と連動したオリジナル商品展開が続きました。百貨店はマーケットインの代表的業界にも関わらず、自らのディレクションを商品化するプロダクトアウトの姿勢には多くのメーカーの賛同が後ろ盾となり、そのエキスはメーカーの自社製品に活かすことにもなったのです。

『もめんと木』というキャンペーンは自然素材のもつ優しさをファッションからリビング・食品にまで縦軸を通した商品政策を以って、打ち出したものです。この家具は檜集成材にサドリン仕上げという樹脂含浸加工を施したもので、ナチュラルで高質なカジュアル商品になるまで、試行錯誤したものです。70年代にジーンズが市民権を得てカジュアルなライフスタイルが台頭し、週休二日制の浸透などによる明るい都市生活を表現した広告と商品連動の好例であります。

コピーライトは今年亡くなられた土屋耕一さん、デザインは小島良平さん(お二方とも当時、ライトパブリシティ)。

今観ると、この伊勢丹のマークとロゴが却って新鮮ですし、余白の間の取り方も絶妙です・・・。

|

« WA・BI・SA ヨックモックの和風菓子 | トップページ | 東山魁夷・欧州からの便り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29352384

この記事へのトラックバック一覧です: 1970年代 伊勢丹の力:

« WA・BI・SA ヨックモックの和風菓子 | トップページ | 東山魁夷・欧州からの便り »