« こんな世界に思わず引き込まれてしまう・・・。 | トップページ | 虎屋の変遷 »

2009年11月 8日 (日)

高岡古城公園の秋

Rimg24259 Rimg24248 5日、仕事で富山県高岡市に行きましたが、東京よりむしろ温かい穏やかな陽気にはびっくりしました。

往きの北陸新幹線は氷見の魚料理がパッケージになっている民宿に泊まるお客さんの団体がぎっしりと居て、そのお元気な様子に独り旅の私は、座席に埋もれるように小さくなっていました。日本全国どこの観光地もグルメを組み合わせた企画が多いようで、東武鉄道などは日光往きに懐かしの洋食を車内限定販売するなど、ますます、芸の細かさが要求されているようであります。

翌日、愉しみにしていた昼食は『居酒』に出向き、100パーセント新蕎麦だけのせいろに薫りのすばらしさと、とびうおが主の出汁に感嘆の声をあげ、満足でありました。食後、隣の高岡古城公園に向かいました。高岡の紅葉は例年11月下旬だそうですから、まだ色付いている木々も多くありませんでしたが、お堀に近い場所の一角は、樹木に反射する風紋が秋の風情を演出してくれました。

残念ながら、本ズワイ蟹の解禁日に当たる6日に帰京せねばならず、大いなる落胆を以って、帰路に着きました。

|

« こんな世界に思わず引き込まれてしまう・・・。 | トップページ | 虎屋の変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32117957

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡古城公園の秋:

« こんな世界に思わず引き込まれてしまう・・・。 | トップページ | 虎屋の変遷 »