« 挿絵の極意例 | トップページ | 安西水丸さんのスタンス。 »

2009年11月15日 (日)

銀杏ご飯とカゥボーイソング

Rimg24357 古来より東西文化の自由な組合せを得意とする日本人ですが、今や、それも都市においては材料も自由に入手できますから、神経を尖らせてませんと、単なる、ごった煮文化で終ってしまうのが哀しい結末です。

この秋は、何となく暖かな陽気が続き、いまひとつ、落葉の色にもメリハリのない鈍い色調となっているようですが、この時季のお愉しみは何といっても旬の食材をシンプルな混ぜご飯にしていただけることでしょう。

栗・銀杏・柚子・里芋など、どれも美味しくいただけますが、こんな上等な雰囲気に馴染むのは、懐かしい小学校唱歌と思いきや、カウボーイソングもなかなかご機嫌な彩りを添えてくれます。マイケル・マーフィーとドン・エドワードとのデュエットなどは http://www.youtube.com/watch?v=qaAoJ5Mn3VU 堪らない男の寂しさがこんこんと染み渡り、家の椅子に座りじっと目をつぶると、ローハイドのウェーバーさんの境地であります・・・。

|

« 挿絵の極意例 | トップページ | 安西水丸さんのスタンス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32161037

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏ご飯とカゥボーイソング:

« 挿絵の極意例 | トップページ | 安西水丸さんのスタンス。 »