« ノーマン・ロックウェルの職人芸 | トップページ | 佐々木悟郎さんの水彩 »

2009年12月25日 (金)

1962 遠泳 大瀬崎

196201 中学3年の大瀬崎・夏の学校のハイライト、遠泳大会は、水泳技術の確かさと度胸の強い者だけに許されたビッグイベントでありました。

私は根っからの水泳嫌いでしたから、当然、遠泳大会参加資格に合格するわけなどなく、ひたすら、彼等の勇姿を一部始終見続けることしか、ありませんでした。

たしか、遠泳距離は一キロだったと記憶してますが、私にとってその距離は到底イメージできるものでなく、全くの別世界でありました。写真を観ても、泳ぎ終えて海岸に戻ってくる諸君には疲労困憊のようすが観えます。手前の師範は点呼による、完泳者の確認であろうかと思いますが、万が一、生徒がいないとなれば、たいへんなことですから、必死の形相なのです。さらに、海岸に設営された焚き火の暖かさに暖を取る生徒の中には、冷え切った体を丸めている小林君の姿もあります。小林君はその後、高校、大学と学園のラガーマンとして活躍され、その剛毅な勇姿にはこのときの哀しげな姿など、微塵もありませんでした。又、左手前に堂々たる腹筋正面姿を見せる中村さんは、この翌年のサイクリング部設立の合宿で、群馬県渋川から山梨県小淵沢まで一緒に走破した仲間です。

こうして、この夏が終るとほんの2ヶ月あまりで身長が10センチほど高くなった生徒もいて、当然変声期もピークとなり、男子は徐々に大人っぽくなっていきました。

|

« ノーマン・ロックウェルの職人芸 | トップページ | 佐々木悟郎さんの水彩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29833233

この記事へのトラックバック一覧です: 1962 遠泳 大瀬崎:

« ノーマン・ロックウェルの職人芸 | トップページ | 佐々木悟郎さんの水彩 »