« OVE シマノのパイロットショップ | トップページ | バッグの類が気になる。 »

2009年12月 1日 (火)

美しい広告・伊勢丹1981

197008 ちょっと懐かしい印象の新聞広告ですが、1981年伊勢丹の秋のファッション広告です。伊勢丹宣伝部とライトパブリシティがタッグになって、掲載商品・紙面構成を練り上げて展開したシリーズ広告のひとつです。創業以来の伝統マークから一転、若さとバイタリティーをビジュアル化した新シンボルマークなど今のお若い皆さんは、知らないでしょうが、こんな時代もあったのです。

紙面の余白といい、完結にして品の良いコピーといい、リアルなイラストレーションといい、夫々の才能が一つの束となって出来上がった広告には、発注側と受注側といった偏狭な根性などいっさい見られず、ひたすら、美しさと伝えたいメッセージが目の前に展開するのみ、であります。

手作りと、膝を突き合わせて進めていったアナログの仕事には、デジタルコミュニケーションでは表せない 『間』 というものが読み取れます。

|

« OVE シマノのパイロットショップ | トップページ | バッグの類が気になる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32271922

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい広告・伊勢丹1981:

« OVE シマノのパイロットショップ | トップページ | バッグの類が気になる。 »