« 1963 自転車合宿 地元の子供に囲まれた。 | トップページ | 納涼満点な雪景 »

2009年12月 4日 (金)

アトリエ・ヨシイエ ホームスパン展

Rimg24790 Rimg24775 Rimg24771 田園都市線・あざみ野駅傍にある、あざみ野アートフォーラム・横浜市民ギャラリーhttp://itot2.jp/b-dento/50において、6日まで、吉家京子さんが主宰するホームスパン教室生徒の皆さんの展覧会が開催されています。

羊の毛を紡いで作られた作品は、皆さん夫々の好みの世界を主張しながらも、日頃のコミュニケーションも和やかとみえ、通じ合う心のハーモニーが奏でられ、よくありがちな「皆勝手に頑張りすぎ」といった光景も皆無で、じつに気持ちの良い時間を過ごす事ができました。いわゆる、ハリスツイードのような密度の濃いがっしりしたものではなく、しなやかで柔らかい感触の作品は、これからの時季、ロッキングチェアーなどに揺れながらの転寝によさそうなひざ掛けから、ソファーに寄りかかり小脇にはさんでの読書に具合のよさそうなクッションなど、作品の幅も豊富です。さらに、素材が空気を含んでいるため、色彩に深みがあり濁り無く、渋さの中にも華、があります。

主宰する吉家京子さんは、私と高校時代の同窓生です。当時、全クラス男子学生のマドンナ的存在で、お勉強も常にトップという存在でした。そのお嬢様的存在は卒業後、ほぼ伝説化されましたが、以前、ふとしたキッカケでホームスパン教室を主宰されていることを知り、それ以来、展示会のある度お邪魔させていただいてます。今も、昔のようにはしゃぎすぎると窘められるところなど、頭が上らないのです。

|

« 1963 自転車合宿 地元の子供に囲まれた。 | トップページ | 納涼満点な雪景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32461633

この記事へのトラックバック一覧です: アトリエ・ヨシイエ ホームスパン展:

« 1963 自転車合宿 地元の子供に囲まれた。 | トップページ | 納涼満点な雪景 »