« 正岡子規の日記 | トップページ | 街に飛び出すモノ。 »

2009年12月22日 (火)

明るくなった 桐生・芭蕉

Rimg25314 Rimg25310 Rimg25325 Rimg25329 Rimg25331 桐生市・大川美術館http://www.kiryu.co.jp/ohkawamuseum/default.htm に出かけ、故・大川栄二館長追悼展『再考・幻の画聖たち』を観て、個人の収集ながらその独自の審美眼を貫徹した姿勢に改めて、感激しました。同行した銀座ヒロ画廊・藤井万博氏と、学芸員・小此木さんとの打合せを済ませ、久しぶりの「芭蕉」で昼食としました。此処は1937年開業、初代小池魚心氏が全て手作りされた店で、1953年に棟方志功氏に壁画を依頼したものの、小池さんと棟方志功さんとの感性の違いから小池さんは壁画を密封し、昨年、ご子息が棟方志功さんの壁画を眠りから覚まさせたことで、新聞にも大きく報じられました。

昨年の10月に訪れて以来でしたがhttp://sohske.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-1f67.html、採光を含め明るくなった店内は、以前の雰囲気のお好きな皆さんには、軽くなったと思われそうですが、却って、魚心さんの手作りの工程が見える細部は以前より格段と増えました。一人の男がとことん拘りぬいて作った執念の剛毅な空間は、明るさとの共演により、今風気配が誕生したとも観れます。

余談ですが、芭蕉の別名は馬小屋とも云われ、銀座に芭蕉の大フアンであった佐藤敦子さんが女将の、『馬小屋』という馬術に関わる皆さんのたまり場の店がありました。その店は既にありませんが、入っていたビルの跡地はアバクロンビー&フィッチとなっています。

|

« 正岡子規の日記 | トップページ | 街に飛び出すモノ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32688539

この記事へのトラックバック一覧です: 明るくなった 桐生・芭蕉:

« 正岡子規の日記 | トップページ | 街に飛び出すモノ。 »