« 中目黒から表参道 徘徊便り | トップページ | 相性の良さったら、ありゃあしない。 »

2010年1月26日 (火)

父の似顔絵 1956年

1956202 出版社の編纂が主たる生業となって、自分では本業と思っていた画家の仕事は、殆どすることも無くなりだした1956年頃の父を描いたものです。

久我山の家の北側の殆どを父のアトリエが占めてましたが、出版に関わる仕事が増えたために、そのアトリエの気配は画家のそれというより、作家のそれ・・・、と見まごう如く、部屋中、本の山積みとなっていましたから、子供にとっては、父のいない間を狙って、忍び込んで、分からない本を開いたりするのがスリルもあって、探偵団の真似事のようなことばかりしていました。当時、父は慣れない出版の仕事のストレス発散のせいかヘビースモーカーで、ピースの缶入りを手放すことなく、散歩に行くにもその缶を手放せなかったのです。

仕事は夕方には終え、とりあえずビールを手始めに一人で晩酌をして、野球中継をラジオで聴くのが日課のようでした。

|

« 中目黒から表参道 徘徊便り | トップページ | 相性の良さったら、ありゃあしない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29876280

この記事へのトラックバック一覧です: 父の似顔絵 1956年:

« 中目黒から表参道 徘徊便り | トップページ | 相性の良さったら、ありゃあしない。 »