« 相性の良さったら、ありゃあしない。 | トップページ | 1957年・初めての工作 »

2010年1月28日 (木)

MoMAのカレイドスコープ

Uio 10年ほど、ほったらかしにしていたダンボール箱を開墾していると、MoMaのカレイドスコープが出てきました。1978年、初めての海外出張でニューヨークを訪れ、いち早く飛び込んだニューヨーク近代美術館のギフトショップで購入した私にとっては、だいじな記念品であります。

所謂、クラシックな光り輝くラグジュアリーな趣きとは異なりますが、そのプレーンな素材から発するリフレクションの輝きは、シンプリシティながら、なかなか奥深さを感じます。

MoMa Store http://www.momastore.jp/index.html?gclid=CKCIqcqigZwCFUwwpAodLHvS-w は今や人気テナントショップとして世界の商業施設からのオファーも多いと聞いてますが、たしかに優れたプロダクト商品から気の効いたお手軽な手のひらサイズのモノまで、現在の商品トレンドの宝庫であり、時間を潰すには格好の店であることは間違いありません。このカレイドスコープを購入した頃には、MoMA Store がこんなに商売上手になるとは、考えも及びませんでした。

|

« 相性の良さったら、ありゃあしない。 | トップページ | 1957年・初めての工作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/30782238

この記事へのトラックバック一覧です: MoMAのカレイドスコープ:

« 相性の良さったら、ありゃあしない。 | トップページ | 1957年・初めての工作 »