« 本にまつわるPOST CARD | トップページ | 不思議な茶碗の宇宙。 »

2010年2月 1日 (月)

荒ぶる集団・町田 柿島屋にて

Rimg26578 Rimg26576 Rimg26587 ブログを始めて4年目に入りましたが、その間、多くの皆様との繋がりが生まれ、私もこのネットワークの摩訶不思議さを充分に堪能させていただいています。http://landship.sub.jp/stocktaking/archives/001151.html

ブログを始めて間もなく,Daniel Rebourさんの自転車テクニカルイラストレーションの記事http://sohske.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/daniel_rebour_e419.htmlを読まれた秋山東一さん http://landship.sub.jp/stocktaking/ http://landship.sub.jp/stocktaking/archives/000661.html http://wiredvision.jp/archives/special/hack/200304150100.html http://www.be-works.jp/blog/ http://gwald.com/blog1/との縁が縁を呼び、とうとうこのような大きな集団の宴会を開くまでになりました。石原信さんhttp://shinmemo04.exblog.jp/ http://archi-ship.com/ ・中島健二さん http://www.profile-windows.com/ ・五十嵐進さんhttp://madconnection.uohp.com/mt/ ・鈴木亨さん http://www.suzuki-koumuten.co.jp/        ・佐貫井尚さん http://shoh.sub.jp/architects/ ・河皓介さん  http://www.inax.co.jp/architects/kawa/index.html をはじめ全員、良質・良心な建築に関わる方々ですが、本業以外にもセルフビルダー・自転車・都市徘徊・アースダイビング・新製品マニアなどなどの遊びが、皆さんを人生の達人のようなふくらみの在る風貌に仕立て上げています。

この日、町田市の120年以上続く馬肉屋『柿島屋』http://r.tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13010306/に午後六時に全員集合、馬肉の美味さではピカイチといわれるこの店の馬刺しと馬肉鍋、馬肉のミンチカレー、生ビール、黒ホッピー、日本酒、焼酎とメタボなどなんのその、荒ぶる馬並にいきり立った中高年の集団は、与太話と建築界の新潮流に関わる高い志の話に興奮し、ハイピッチで酔いまくりました。そのパワフルな姿と高尚な談笑は柿島屋の中でも段違いであり、この夜の様子は正に、サミュエル・ウルマンの『青春の詩』http://www.rik.ne.jp/itai/seishunnoshi.htmそのまんまでありました。

|

« 本にまつわるPOST CARD | トップページ | 不思議な茶碗の宇宙。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/33190817

この記事へのトラックバック一覧です: 荒ぶる集団・町田 柿島屋にて:

« 本にまつわるPOST CARD | トップページ | 不思議な茶碗の宇宙。 »