« 奥野信太郎著 『かじけ猫』 1957年 | トップページ | スペインの薫り »

2010年3月 2日 (火)

菜の花畑の和菓子・塩野

Dscf22721

きんとんで表現された季節の和菓子は一年中、登場します。一輪の花の細部を模した意匠ではなく、菜の花畑など目の前に展開するパノラマからの印象を塊として表現するには、この、きんとんが陰影も採り込め効果的なのでしょう。

和菓子の老舗夫々が限られた印象を元に、緑と黄色の二色配分の彩度・明度・量感などなど工夫を凝らして展開していますが、概ね、3月3日には店頭からなくなり、和菓子の世界は華やかな春爛漫に移行していきます。4 赤坂・塩野の菜種きんとんは、数多き菜の花畑を模した老舗の中でも群を抜いた美しさです。他店との比較は邪道かも知れませんが、薯蕷きんとんの彩度を控えめにしただけ、器は派手目でもその調和には濁りがありません。

|

« 奥野信太郎著 『かじけ猫』 1957年 | トップページ | スペインの薫り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/33579576

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花畑の和菓子・塩野:

« 奥野信太郎著 『かじけ猫』 1957年 | トップページ | スペインの薫り »