« 社員食堂のメニュー。 | トップページ | 1970年代 伊勢丹の先進性 »

2010年4月30日 (金)

ヒルサイドパントリー代官山・ツナサンド

Rimg27940

松浦弥太郎さんの著書『日々の百』には松浦さんが日頃愛用している様々なアイテムが登場し、簡潔な文章と潔いカメラワークスが小気味良いのです。

その中に登場するのが、ヒルサイドパントリー代官山http://www.hillsideterrace.com/shop/shop_g_pantry.html のツナサンドです。実は私も此処のツナサンドを一度食して以来、その旨味の深さにはまってしまい、今もときどき買いに伺います。

このお店、以前よりも店内構成が洗練され、その分、デリカテッセンのような和む雰囲気はなくなってしまいましたが、上質なカジュアル感という意味では今も光っていますし、棚の隅々までが清潔感を保っています。

松浦さんの随筆を読むと、このツナサンドの美味しさの秘密はツナペーストで、自家製マヨネーズに蜂蜜が隠し味となっているようです。

日々の100 Book 日々の100

著者:松浦 弥太郎
販売元:青山出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 社員食堂のメニュー。 | トップページ | 1970年代 伊勢丹の先進性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/34408304

この記事へのトラックバック一覧です: ヒルサイドパントリー代官山・ツナサンド:

« 社員食堂のメニュー。 | トップページ | 1970年代 伊勢丹の先進性 »