« 赤坂見附も明るかった頃 | トップページ | 広重・投げ込んだ瞬間(利根川ばらばらまつ) »

2010年5月29日 (土)

BOSTON 1949

Boston_harvard_square_13 1949(昭和24年)のボストンです。

Mass AvenueからHarvard Squareを望む光景ですが、街並と車並の一体感は何なのでしょう。

今の車にもうひとつ魅力さが欠けているとすると、車の空気力学と妙な造形トレンドを追うばかりで、環境にマッチしているデザインの少なさでしょうか・・・。この写真を観ていると、ある時代の情景に過ぎませんが、街の魅力は永遠ではないことを改めて感じさせてくれます。

現代は都市環境自体の魅力が商業中心に動き、美しいと思う環境の寿命も流動的で、生活も見えなくなってますから、せめて、車のデザインは先端技術と環境配慮とがリンクしたエコカーに社運を賭けるしかないのでしょう。それでも、ガソリンを湯水のごとく使わざるを得ないこの時代の車を、若い世代が運転しているのを時たま見かけることがありますが、単純に、そのカタチの魅力に唸ってしまうのです。

|

« 赤坂見附も明るかった頃 | トップページ | 広重・投げ込んだ瞬間(利根川ばらばらまつ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32628645

この記事へのトラックバック一覧です: BOSTON 1949:

« 赤坂見附も明るかった頃 | トップページ | 広重・投げ込んだ瞬間(利根川ばらばらまつ) »