« BOSTON 1949 | トップページ | NIPSの郵送デザイン。 »

2010年5月30日 (日)

広重・投げ込んだ瞬間(利根川ばらばらまつ)

Photo 広重が名所江戸百景をスタートした1856年(安政3年)http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1856.htmlの作品です。

クリミア戦争終結・アロー戦争勃発・ハリス来航など世界の動きも慌ただしくなりだした時代ですが、花のお江戸はノーテンキのごとく、風雅を遊んでいます。現在の江戸川を当時は利根川と呼び、点在する松並木の様子をばらばらまつ(ばらばらな松)と呼んでいたそうです。

この投げ網の一瞬を捉えた表現は、広重でも、繊細な技術を要したのでしょう。帆掛舟や遠くの岸との重なり具合など、単純な刷物でありながら、複雑な効果が生まれます。

間の空きすぎた空間を埋める広重の定番テクニックとして、鳥を飛ばすのは常套手段ですが、白のみで表した二羽が効果的です。この鳥の角度が少しでも緩ければずいぶんと間の抜けた空間となったところです。この絵も刷られた時代によって、天辺の藍ぼかしの色が赤であったりと、自由気ままなところが浮世絵なのです。

|

« BOSTON 1949 | トップページ | NIPSの郵送デザイン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32632867

この記事へのトラックバック一覧です: 広重・投げ込んだ瞬間(利根川ばらばらまつ):

« BOSTON 1949 | トップページ | NIPSの郵送デザイン。 »