« その傘はオレのだ!。 | トップページ | 目眩するだけです。 »

2010年5月25日 (火)

野生感覚が戻る!。

Rimg28773

Rimg28778 春爛漫の花の乱舞も一段落して、まもなく、鬱陶しい梅雨の時季がやってきます。自転車がご機嫌な気分を満喫できるのも、年間を通して限られていて、まして、私のような東京都心のヒルクライムを中心に走っている者にとっては、、そのご機嫌な日はさらに減少しますから、光・風がともに穏やかで体にあたる季節の薫りを満喫できた満足感は、些細であるものの、嬉しいひとときであります。

この日も相変わらず世田谷から目黒通りを経由、桜田通りから皇居を三周し、一気に本郷通りに向かおうと思っていましたが、気が変わり、水道橋から白山通りを北上、西片一丁目信号を左折し、新緑で眩しいであろう小石川植物園 http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/ に向かいました。9時5分着でしたから、園内は誰一人いなく、もうトレッキング気分であります。ここは由緒ある植物園で、木々一本一本にもその由来と沿革などが書かれていて、お勉強もできるのです。正門から坂を上らず、左手に行くと私の好きなメタセコイアばかりの一角があって、朝の陽射しを受けた木漏れ日の具合が野趣に富み、そのようすが嬉しいのです。この時季の朝の空気は木々から振りまかれる樹液の効用もあってか、多少、頭部に樹液がかかるものの、良好なアロマの香りに覆われます。ここを真っ直ぐ行けば日本庭園があり、緻密な和の造園美を楽しむ環境でありますが、却ってその箱庭庭園が陳腐に観え、いつも私はこのメタセコイア森林の中にしばし佇み、そそくさと銀輪快走に戻ります。ここのサツキ・紫陽花もまもなくでしょうから六義園とともに、堪能することができます。

|

« その傘はオレのだ!。 | トップページ | 目眩するだけです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/34831482

この記事へのトラックバック一覧です: 野生感覚が戻る!。:

« その傘はオレのだ!。 | トップページ | 目眩するだけです。 »