« 表参道の木漏れ日 | トップページ | 単なる塊にあらず!。 »

2010年6月 3日 (木)

Firenzeの魅力

Firenze_2 フィレンツェの魅力は歴史的建造物からアート・お買物に至るまで、正統的世界からアバンギアルドな世界にいたるまで、幼稚な子供だましのものがなく、その殆どが作り手の真摯な態度に支えられているかのようであります。

とはいうものの、町は聖・俗・遊の複合体で、光の部分と闇の部分があるからこそエネルギーに満ちた、わくわくするイリュージョンが生まれるのでしょう。

このフィレンツェの広場のような人間中心の街には、車が進入することなく、自由な時間を謳歌できる環境が確保されていて、ゆっくりと食べたり談話したりと・・・、それはもう実に大人の町なのです。上を見上げれば中途半端な高層ビルがあるわけでもなく、ひたすら600年近く殆ど変わらない環境のなかで暮らしているわけですから、逆に自分の住いの内装はとてつもないほど、コンテンポラリーな感性を駆使した世界に変身するのでしょう・・・。

|

« 表参道の木漏れ日 | トップページ | 単なる塊にあらず!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/10941562

この記事へのトラックバック一覧です: Firenzeの魅力:

« 表参道の木漏れ日 | トップページ | 単なる塊にあらず!。 »