« Firenzeの魅力 | トップページ | CAN CANというネーミングに納得!。 »

2010年6月 4日 (金)

単なる塊にあらず!。

Rimg29217 Every wall is a door.・・・何のことやさっぱり?というお方。このことばが何故ピューターの削りだしのソリッドなモノに刻まれたかが、問題なのであります。

アメリカの思想家で詩人、ラルフ・ウォルドー・エマーソンの言葉
"Every wall is a door" が入ったペーパーウェイト。
【人間は人生の中で幾度か壁に突き当たり、その壁を乗り越えれば
より素晴らしい人生になる】と言う意味です。
自分への励ましや
誰かにそっとエールを送りたい時に。

アメリカのデザイナー、Judy Vilmain http://www.vilmain.com/ によるギフトアイテムとして人気ある、一連のメッセージシリーズのひとつです。7.5cm x 3.5cm x 1cmの美しいプロポーションは、280gという重さながら軽快な姿をデスクトップに居座り、その質感も程よいものであります。Every wall is a door の意味など今更などと仰らず、ありがたく拝見しつつ日々の友としてお付き合い願いたものです。ただし、手先に油っ気の無くなったご同輩には、くれぐれも注意していただきませんと、うっかり落としでもしたら、足に相当な怪我を負ってしまいますよ。

ついでといっては何ですが、日本の神社やお寺でもこの感覚のモノがあっても良いとは思いませんか・・・。もちろん、金属の塊でなくても・・・。そう、瓦で作られたものなどちょっと使えそうです・・・。

この金属感を撮影するのに、様々な素材を敷いてみたものの、「つづら」http://www.tokyochuo.net/issue/traditional/2004/06/に勝るものなし。映り込む空が水を打ったような表情になり、この響きあいは、予想を超えたピッタリでありました。

|

« Firenzeの魅力 | トップページ | CAN CANというネーミングに納得!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/34952633

この記事へのトラックバック一覧です: 単なる塊にあらず!。:

« Firenzeの魅力 | トップページ | CAN CANというネーミングに納得!。 »